第22回後期遺伝性腫瘍セミナー開催のご案内

重要:第22回後期遺伝性腫瘍セミナー延期について

新型コロナウィルス感染症の影響が拡大している状況を受け、第22回後期遺伝性腫瘍セミナーについても検討を重ねた結果、予定していた国立がん研究センター築地キャンパスおよび柏キャンパスでの2020年3月6日~8日の開催については、取りやめることとさせていただきましたので御報告いたします。多くの皆様に多大な御迷惑をおかけしますことを深くお詫びします。

COVID-19の状況は日々、変化しておりますが、2020年2月20日正午現在では、行政からは集会等の主催・参加の「自粛」の勧奨は出ておりません。
https://www.cas.go.jp/jp/influenza/novel_coronavirus.html

しかしながら、本セミナーが、全国から多数の医療関係者が集まる会であること、ロールプレイ等では病院施設を用いる計画であること等から、会場となる国立がん研究センター側とも協議した結果、上記のような結論となりました。何卒、ご理解をいただけますよう、お願いします。

  1. 1)事前にお振り込みいただいた参加費・懇親会費などは順次、払い戻しの手続きをいたします。別途ご案内させていただきますので、少しお待ちください。
  2. 2)皆様の宿泊・交通などのご予約については、申し訳ありませんが皆様のご負担でキャンセル等をお願いしたく存じます。
  3. 3)現時点では、第22回後期セミナーについては、「中止」ではなく「延期」としたいと考えておりますが、講師の先生方との調整はこれからで、時期・場所等についても確保できておりません。延期での開催の目処がつき次第、ご連絡をさしあげますので、ご都合が許せば是非、参加を御検討いただければと思います。

その他、ご不明の点などは、遺伝性腫瘍セミナー事務局(下記)までお問い合わせいただければと思います。

このたびは皆様にたいへんなご迷惑をおかけしますことを重ねてお詫びします。今後とも遺伝性腫瘍セミナーをどうぞ宜しく御願い致します。


日本遺伝性腫瘍学会遺伝性腫瘍セミナー委員会 委員長
吉田 輝彦(国立がん研究センター中央病院遺伝子診療部門)

【遺伝性腫瘍セミナー委員会事務局】
有限会社トータルマップ
飛松由紀子
Tel: 0794-33-8081 Fax: 0794-33-3718
E-mail: seminar-jsft@totalmap.co.jp
会期 2020年3月6日(金)~ 8日(日)
会場 国立がん研究センター 研究所(築地キャンパス)
国立がん研究センター 先端医療開発センター(柏キャンパス)【TV会議システム利用】
テーマ 遺伝性乳がん・卵巣がん症候群をマスターする(前期と同カリキュラム)
定員 中央病院150名+東病院50名(合計200名)
どちらでの受講になるかは主催者一任となります。ご了承ください。
実行委員長 吉田 輝彦(国立がん研究センター中央病院)
桑田  健(国立がん研究センター東病院)
主催 一般社団法人日本遺伝性腫瘍学会
問い合わせ先 日本遺伝性腫瘍学会遺伝性腫瘍セミナー事務局
(有限会社トータルマップ内 担当:飛松由紀子)
〒675-0055 加古川市東神吉町西井の口601-1
E-mail:seminar-jsft[at]totalmap.co.jp( [at] は半角アットマークに置き換えて下さい)
TEL:079-433-8081 / FAX:079-433-3718
お問い合わせ受付時間:平日9時30分~17時30分

本セミナーは今回、初日(3月6日)朝一番の講義から全日程の出席で、一般社団法人日本遺伝性乳癌卵巣癌総合診療制度機構(JOHBOC)カリキュラムコード単位の取得が認められました。
初日の朝10時15分までに受付を済まされ、最初の講義から全日程ご参加いただいた方には、JOHBOC単位認定用の証明書を発行いたします。

第22回後期家族性腫瘍セミナー
※画像をクリックするとPDFが開きます。

このページの先頭へ

ご注意ください

遺伝性腫瘍コーディネーター(HTC)・家族性腫瘍カウンセラー(FTC)の取得を目的として本セミナーを受講される場合、日本遺伝性腫瘍学会の会員歴3年以上、医療関係の資格を取得していること等、HTC/FTC制度の認定要件に合致している必要があります。詳しくはHTC/FTC制度規則をご参照下さい。

このページの先頭へ